資産運用をする人ならば抑えておきたい、最低限の経済知識『インフレ』。

1388513_m.jpg

なぜインフレに注目?

インフレと言えば、『物の価格が上がること。』

食べ物などの商品や手間代、サービスの値段がどんどん上がっていく。

この『インフレ』についての知識は、資産運用をする人ならば、必ず抑えておきたいところです。


資産運用の目標運用利回りは、本来ならば『インフレ率+何%』と考えるのが正しいのかもしれない。

資産運用をして、年利2%で運用することが出来たとしても、物価の値上がり率、つまりはインフレ率が3%では、その資産運用が成功だったとは言えません。


お金の物を購入する力のことを『購買力』と言ったりします。

「10年前100万円で買えてたものが、今では130万円ださないと買えなくなっている。」

この状態は、日本円の購買力が落ちたというわけです。

物価の上昇(インフレ)によって、日本円は購買力が落ちた。

出来ることなら、自分の持つ資産の『購買力』を落としたくない。

これが資産運用に取り組む、最低限の目標と考えるのが本来の資産運用です。

「日本円のままだと、購買力が下がる。日本円ではない、他の資産に変えることで、なんとか財産を守りたい。」


先ほどの「運用利回り2%だけど、インフレ率3%」というのは、資産の購買力が守れなかったことを意味します。

お金は102万円に増えたけど、物価は103万円に上がっているので、運用失敗ということです。


資産運用のそもそもの目的は、『物価の上昇(インフレ)から、財産を守る』というのが、最大の目的です。

だいたい、お金を増やすという目的の資産運用は、世界の歴史から言えば、比較的最近のものなのです。


インフレは物価の上昇ではなく、通貨の価値が下落していると考えよう!

インフレと聞くと、『物価が上がっている』と捉えがちですが、資産運用の重要な視点は、『通貨の価値が下がっている』という見方です。

物の価値は、ある意味本質的なもので、大きく変動していくようなものではないのかもしれない。

でも、通貨の価値は、基本的に目減りするようにできている。


そもそも、通貨の価値って何なのか?

一言で言えば、『信用』でしかありません。

紙1枚で1万円の価値があるものと交換できる。

これは、この取引の間に『信用』というものがあるからです。

もっと言えば、通貨なんてものは、みんなが価値を認めているからその価値があるだけで、それそのものに価値は存在しません。

1万円という数字と単位は、モノの価値を数字にしてわかるようにしている尺度でしかないという事です。


しかし、この数字と単位は、モノの価値をはかる絶対的なものではないのが問題なのです。

昔は、通貨と金の間には、一定のレートで交換できるという前提にあったので、通貨とモノの間に強い価値の関係性がありました。

でも、今の金の通貨で見た価格はどうなってる?

毎日変動しています。

つまりは、金を絶対のレートと仮定した場合には、通貨というのは日々価値が変わっているという事になるわけです。

実は、歴史をさかのぼると、この通貨と金のレートが変動するようになってから、通貨の価値の下落、つまりはインフレがひどくなっていったのです。


債券はインフレに弱い?

資産運用の常識の一つとして、債券はインフレに弱いという事がよく言われます。

つまりは、預貯金や定期預金などは、もっと弱いことになります。


ところで、インフレ対策と称して米ドルの購入を勧める営業トークをよく見かけます。

「日本は輸入に頼っている。

為替が大きく変動したら、とんでもないインフレになってしまうかもしれない。

そんなとき、米ドルを保有していれば安心です。」

といった理屈です。


これは、本当の話でしょうか?

アメリカは、経済の成長力も強く、日本よりもずっとインフレが進んでいます。

つまり、アメリカの通貨である米ドルは、日本円よりも価値の下落が早いという事です。

現に、変動相場制が導入された時期までさかのぼってみると、日本円はどんどん強く(円高)なってきたことがわかる。

正直、将来のことはわかりませんが、それでもこの歴史を知っていて、なぜ米ドルがインフレに強いと言っているのだろうと思わざるを得ません。


また、米ドルの購入を勧める人のほとんどは、債券もしくは債券に近い資産での保有を勧めています。

たとえば、米ドル建ての保険商品、米ドル預金もしくは定期預金、などです。

債券は、インフレに弱いというのは、資産運用業界では常識のように言われていることです。

米ドルの株式(米国株)ならまだしも、インフレ対策に米ドル定期預金や米ドルの生命保険(米ドル債券の加工商品)を勧めるとか、よくわかりません。

ただでさえインフレに弱い通貨の米ドル。

さらに、インフレに弱い債券もしくは、債券加工商品。

とても賢い選択とは思えません。


ただ、当然のことですが、将来のことはわかりません。

何らかのショックで、日本でデフレが終わりインフレが来て、日本円の価値が米ドルよりも下落することだって否定はできません。

でも、その話は、今のところまだ可能性が低いように感じます。

可能性が高くなってきてから対応しても、遅くはない気がします。(そのためにも、資金の流動性は確保しておくことをおすすめ。)


資産運用とは、『インフレ』との戦い。

『インフレ』を考えずに、資産運用をすることは、試合相手もわからないまま試合をしていることと一緒なのです。

この記事へのコメント