損失への備えこそが、資産運用にとっての一番のポイント!

4246964_m.jpg

儲けることよりも、損しないこと!

投資や資産運用では、儲けようとすることよりも、損しないようにすることが重要。

儲けようとすると失敗し。

損しないようにと考えていると、いつの間にか成功している。

投資や資産運用に取り組むのは、『儲けるため』であるはずなのに。

なんか矛盾しています。

実はそこに、投資や資産運用の難しさがあるんです。


誰でも儲かるものではないのは、矛盾があるから?

もし、投資や資産運用が「儲ける」ことだけを考えて成功できるのであれば、投資や資産運用をする人の誰もが儲かっていいはず。

でも、現実はそうなっていない。

「投資や資産運用で儲かるには、損しないことを考える」

という、実際には「儲ける」の逆を考えなければいけないという矛盾があるからです。


人には、欲があります。

この欲が、損することよりも儲けたいという意識を沸き立たせます。

その結果、儲けたいという気持ちでいっぱいになった時、たいてい大けがすることになる。

これはきっと、人と投資の間にある永遠の問題なのでしょう。


「リスクとは、自分が何をやっているかよくわからない時に起こるものです」

という著名投資家ウォーレン・バフェットの言葉があります。

人は欲をかくと我を忘れるときがある。

さすが投資の神様と言われるだけの方、まさに名言です。

経験があるだけに、心に響きます。


ウォーレン・バフェットの名言と言えば、こんなものもあります。

『大きな間違いを避けられるならば、投資家がやらなければならないことなど、あとほんのいくつしかない。』

過ちを犯さない。

これが投資にとって、とても重要だという事です。

しかし、何度も言うように、これが難しい。

だって、投資というのは、たとえAIなどを使おうとも、結局最後は人によるのだから。

この記事へのコメント