「テクニカル分析は迷信?」って安易に考えるな。売買の基本はテクニカル!

302139_m.jpg

テクニカル分析は迷信か?

株式投資やFXなどをしていると、ファンダメンタルか?、テクニカルか?、といった議論に出会うことがある。

経済指標や景気動向、企業の業績などの情報を利用して分析し、売買に活かすファンダメンタルに対して。

価格の動きだけに着目し、トレンドラインとか、ボックス相場とか、言っていいるテクニカル分析は迷信だと言われることがよくある。


賢い投資家は、投資先の本質的価値に気を配り、値動きを追わない、と言われたりもする。

それに、経済や世の中を詳細に分析し、未来を予測しようとするファンダメンタルの方がかっこよく見えたりもする。

でも、私から見れば、ファンダメンタルもテクニカルも、どっちもやっていることは同じ。

言ってしまえば、テクニカルだけでなく、ファンダメンタルだって迷信なのでは?と思えなくもない。

テクニカルだろうかファンダメンタルだろうが、「未来のことなんて、わからない」ということだけです。


先はわからないが、売ったり買ったりするのは『今』

株式投資等の投資では、先を見越して行動する、とよく言われます。

でも、じっさいに買う時や売る時というのは、今の時点で判断することになる。

今の価格で買っていいのか?、今の価格で売っていいのか?

そして、そんな今を判断するなら、明らかにファンダメンタルではなく、テクニカルだと思っている。


今売ってしまって、今後さらに上がって後悔することはないのか?

それとも、すでに上がりきっていて、これからは下がる可能性が高いのか?

株価の短期的な値動きというのは、はっきりいってファンダメンタルでは説明が付かない。

短期的は判断を要する、『売り時』と『買い時』は、ファンダメンタルではなくテクニカルで考えた方がいい。

要は『チャートを見ろ』です。


よく株式投資は短期的には、投資ではなく投機だという。

そして「投機はだめで、投資はいい」などと言われていることも良く耳にする。

だけど、実際に買う時と売る時の視点は、今にあるため短期的な判断になってしまうもの。

案外その視点が抜けているから、テクニカルはだめだなんて発想になる。

株式投資をやってみれば、よくわかる。

『テクニカル的な視点も、株式投資にあって損ではないという事が。』


この記事へのコメント