株式よりも安心? 小口で不動産投資ができる『REIT(リート)』って実際どうなの。

誰でも、不動産投資ができる? トヨタやホンダのような会社の株式と同じように、株式市場で売買ができる不動産投資。 それが、REIT(リート)です。 証券会社に口座を持てば、だれでも不動産のオーナーになるチャンスがある。 小さいものだと、数万円から投資できる銘柄もあるため、小口で投資できる。 借金も…

続きを読むread more

いまさら聞けない。配当金って何だっけ?

配当金って何だっけ? 投資で受け取れるお金と言えば、『配当金』『分配金』『利息』といろんな言い方があります。 特に、『配当金』と『分配金』の違いって、よくわかっていない人もいるのかもしれない。 まず、『利息』だけど、これは債券や貸付から受け取れるお金のことです。 株式や投資信託ではなく、債券や貸付、定…

続きを読むread more

株主優待目的の株式投資が上手くいかないわけ?

株主優待は、株式投資の本当に利益じゃない? 株主になっていると、商品や割引券、クオカードなどが届くことがあります。 このような制度を株主優待といいます。 この株主優待は、日本特有の制度だといわれています。 実は、この株主優待は株式投資の本来の収益とはちがうものなのです。 株式投資の本来の収益とい…

続きを読むread more

投資は、やっぱりお金持の方が有利なの?

お金持ちが投資で有利になるのはなぜ? 「お金持ちは、社会から優遇されている。」 「お金持ちは、お金持ちというだけで優位に立てる。」 「お金持ちの意見は社会で通りやすい。」 「お金持ちは、お金持ちになる情報網がある。」 お金持ちというだけで、みんなから一目置かれたり、優遇されたりと、なにかと有利な立場にある。 そういう…

続きを読むread more

ウォーレン・バフェットの投資法を真似しても無駄?

目標になる投資家と言えばバフェット? 株式投資で、世界トップクラスの資産家になった、ウォーレン・バフェット。 投資の神様とも言われる、投資界の賢人です。 投資やビジネスに関する名言も多々あり、様々な人が、目標としている投資家像でもあります。 様々な本や雑誌で、バフェットの投資の仕方などが解説されていま…

続きを読むread more

ときどき耳にする儲け話。これは、どうすればいいんだろう?

恐るべし儲け話! 資産運用をしてるなんて言うと、高い確率でやってくる『儲け話』。 私が耳にしたことのある『儲け話』には、「ビットコインで投資ができる投資先、毎月数%のリターンが!」というのがありました。 また最近では、「当社に投資をすれば、FXや仮想通貨などをシステムを使って運用し、月20%近い分配金が受け取れ…

続きを読むread more

「投資と投機は全然違う」なんて、どこのアホが言ったんだ?

それって、誤解じゃなかろうか? 「長期投資なら大丈夫?」 「投機じゃなく投資をしよう?」 「投資は世の中へ貢献すること?」 本当に、それ信じているの? 良いように勘違いさせられてはいないだろうか? だいたい、株式投資をすすめておきながら、「投資と投機は全く違うものです。」 なんて言い…

続きを読むread more

本当にわかっている?『投資のリスクとは何なのか。』

リスクって何? リスクという言葉を聞くと、「危険」とか「危ない」というイメージがあります。 しかし、投資のリスクはそうではないというのが、投資の話で出てきます。 投資のリスクとは、損することだけでなく、儲かることもリスクだと説明されます。 上に行くか、下に行くか、その可能性がリスクだと言っています。 …

続きを読むread more

投資をするなら、失敗することを考えよう!

投資では、絶対失敗をする! 「投資は絶対失敗するものだぞ!」といったら。 「失敗なんてしたくない。」 「損したくないから、投資の勉強をしたり、専門家に相談したりしている。」 という声が聞こえてきそうです。 でも、投資を経験している立場だからこそ言いたい。 「投資では、必ず失敗します。」 …

続きを読むread more

投資では、経済ニュースや企業の動向など、情報に詳しくある必要はない。

勘違いしている人は多い? 投資の上手な人は、情報通。 経済などの動向にも詳しい。 などというどうでもいいイメージ。 実際には、情報通であることなんてそんなに重要な事じゃない。 中には、経済という勉強が苦手だから投資に向かないなんて思っている人もいたりする。 はっきり言います。 「…

続きを読むread more

資産運用では、コストがすべて。資産運用にかかるコストを意識し管理するために。

資産運用ではコストがすべて? 資産運用では、コストを下げることが運用のパフォーマンスを上げるための決定打になります。 インデックスファンドなどの低コスト投資信託がもてはやされるのも、別にインデックスファンドが優秀なわけではなく、結局はコストの問題。 1にコスト、2にコスト、コスト意識が高い人ほど資産運用は上手く…

続きを読むread more

なんで積立で投資するの?『ドルコスト平均法』の活用法。

資産運用するなら積立投資? つみたてNISAやiDeCo、いろんな制度でも使われている積立投資。 投資信託の購入でも、毎月積立で購入することをすすめられます。 毎月一定額を積み立てていくように投資をすることを積立投資と呼んでいます。 そして、その積立投資の投資戦略を『ドルコスト平均法』と言っています。 …

続きを読むread more